忍者ブログ
思考整理用・自己満足ブログ。 気の向くまま更新予定。音楽・映画・本・酒・その他もろもろの記録。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[09/05 しゃちょう]
[09/03 BlogPetのKelly]
[08/31 らぶ]
[08/30 SLEEPY]
[08/27 BlogPetのKelly]
最新TB
プロフィール
HN:
◎らぶ◎
性別:
非公開
自己紹介:
映画を観て、歌を歌って、おいしいお酒を飲む。これでたいてい幸せ。
バーコード
ブログ内検索
blogpet
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

土曜日は、ずっと観たかった「ホリデイ」を借りてきました。

同居人はあまりハートフル系の映画を見たがらないので
劇場で観るのはどうしてもアクションとかSFとかになってしまうのです。

とりあえず期待値以上のステキなお話でした。
主人公の恋愛だけじゃなくて、
人間同士の暖かいふれあいも描かれている所が好感が持てました。
(あんまりベタな恋愛モノは感情移入できないので)
キャメロン・ディアスは「イン・ハー・シューズ」も良かったけど
これもすごくイイです。


思わずイギリス旅行に行きたくなってしまう1本。


そして本日、スティーブン・キング原作の「MIST」を観てきました。
スティーブン・キングは大好きな作家の1人です。
ホラーは苦手だけど、キングは読めるし観られる。理由はあとで。








結論から言うと、

とにかく救われない・・・

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」
「セブン」
に匹敵する「完全なる絶望」の映画です。


極限の恐怖の中、閉じ込められた人々は、
救いを求めて何かに縋ろうとします。
それが例え誰かの頭の中にしか存在しない「神」だったとしても。

あるいは自分たちの力で活路を見出そうとする人々もいます。
閉じこもって死を待つのではなく、
とにかく前に進むしかないと考える人々。

最終的に、巨大すぎる「そのもの」を目前にした時
彼らの決断はあまりにも残酷すぎました。



もし自分の身に同じことが起こった時、
私たちはどの選択肢を選ぶのでしょう。


人を食う化け物がいると知っていて
先の見えない霧の中に、自ら入っていけるでしょうか。

そして、

愛する者を自分の手で殺すことができるのでしょうか。

絶望の中で、何が真実なのか、何が正解なのかを
本当に自分自身の力で判断することなどできるのでしょうか。

ついそんな事を考えてしまいました。


正直劇中に出てくるクリーチャーはB級映画ちっくだし、
そういう点で評価が分かれてしまうかもしれません。
出て行った人が半分になって帰ってきちゃったり、
クモみたいなクリーチャーとかもう、ね。
かなりグロ度お高め。
夢に出てきそうです^^;





さて、おおよそ語りつくされてはいると思いますが
キング作品の魅力は
「人間」がありのままに描かれている所にあると思います。
醜くて、弱くて、傲慢で・・・。
だからこそ、その中にある善良なものや暖かい心が輝いて見える。
キングのホラーはただのホラーではなく、
ヒューマンドラマでもあるのでは。
・・・って私は思っています。


先々週に「cloverfield~HAKAISHA~」も観てきたのですが、
ここに描かれているのも果てしない「絶望」です。

かなり賛否両論あったようですが、
個人的には新しい表現の手法としては良かったと思います。

「LOST」の世界とリンクしてるっていうのもあって、
後からyoutubeの検証などを見ると、
「うわぁ!こんなとこにアレが映ってたのか!」とか
「ヤバイ、ナゾが多すぎて気になってしょうがない!」とか、
「続編マダー?」とか、

ええ、

思うツボですけど何かw


こっちは人間がどうのとかいうんじゃなくて、
エンタテイメントとして新しくて良いと思いました。
私はあんまり知らないけど、エヴァンゲリオンぽいらしいですね。
さんざん引っ張ってどうオチをつけてくれるんだか楽しみです。
(オチなし説が有力という噂・・・)


次は「チャーリーウィルソンズウォー」が観たいな~

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
伏線張りすぎると
SLEEPY
収集つかなくなるってのはエヴァの監督の得意技で。
ツイン・ピークスのD.リンチもわけわかめな話が多いけど、
きっと必殺技なんだと思ふ。
2008/05/20(Tue)21:55:34 編集
レス
らぶ
>SLEEPYさん
エヴァって映画で結局みんな死んで終わるとかいうのでしたっけ。
兄さんのブログにあったトンデモマンガの「未完!」で終わらせちゃうみたいな強引さw

実はツインピークス観てないんです。いや、なんとなく。
彼の「マルホランドドライブ」は難しすぎですた・・・

なんかね、
「気になるでしょ?気になるでしょ?ウヒヒ、でも教えな~い」っていう技って、
むかつくんだけど結局夢中になっちゃうんですよねw
2008/05/21(Wed)23:19:53 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3]

Copyright c L・O・V・E L・I・K・E T・H・I・S。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 深黒 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]